オンラインカジノの還元率とゲーム基本戦略

オンラインカジノは還元率が高い

オンラインカジノは還元率が高い

オンラインカジノと公営ギャンブルとの違いの一つに還元率の差があります。
競馬やパチンコよりも還元率(ペイアウト)が高いので、それらのギャンブルよりも勝てる確率は高くなっています。
還元率はプレイヤーがゲームに賭けた金額が、配当として戻って来る割合を意味します。
還元率90%のゲームに1万円をベットした場合、平均して9千円の配当が戻る計算となります。
これは全体の平均値となるので、配当が得られるケースと得られないケースで差が発生するわけです。

それでも還元率が高いゲームほど、勝ちやすいギャンブルになるわけです。
オンラインカジノの還元率は、約93~98%と言われています。
日本のギャンブルで90%台に乗せているものは無いので、オンラインカジノのゲームは格段に勝率が高くなるものです。
因みに、国内で最も還元率が高いパチンコでも、80~85%に留まります。

最も還元率が高いのはブラックジャック

オンラインカジノの還元率は、ゲームによっても異なっています。
最も高いのがテーブルゲームのブラックジャックで、約99.4~99.7%となります。
次がバカラの約98.8~98.9%で、3番目にポーカーの約95.5~96.6%がランクします。
それぞれ若干の誤差はあるものの、概ねどのサイトでもこの範囲内に入ります。

特にブラックジャックの還元率の高さが目立っており、ベットされた金額の殆どがプレイヤーに戻って来ることになります。
このことは、同ゲームがいかに沢山プレイされているかを表しています。
それは低いハウスエッジでも、十分に運営が成り立っている証です。
オンラインカジノのゲームには、基本戦略(ベーシックストラテジー)があります。
基本戦略をマスターすれば、さらに勝率をアップさせることが可能です。

ルーレットの基本戦略

ルーレットの基本戦略

オンラインカジノの基本戦略は、ゲームによって様々なタイプがあります。
ただし基本戦略はあくまで攻略法なので、必勝法でないことを肝に銘じる必要があります。
攻略法の目的は勝率を高めることですが、それには限界があることも認識する必要があります。
そして攻略法も一種類ではないので、場面や状況に応じて選択するのが肝心になるわけです。

ルーレットの基本戦略の一つに、「ココモ法」があります。
同戦略を活用することで、かなりの確率で収益を上げることが可能になります。
それは、ルーレットのベット範囲がかなり広いことが背景にあるからです。
ココモ法はマーチンゲール法と似ており、ベット額を負ける度に増額するのがポイントです。
ただしマーチンゲール法と違って、2連敗以降は前回と前々回のベット額を足した金額をベットします。
これにより、テーブルリミットに達することなく、収益があげられるわけです。

ブラックジャックの基本戦略

オンラインカジノのブラックジャックでは、基本戦略やカウンティングを駆使することで勝率をアップできます。
基本戦略はカウンティングなどを併用しないのが前提で、プレイヤーの勝率を最大限に高めるのを目的にしています。
この攻略法は数学的な理論に基づいており、場のカードがランダムな状態になっていることがポイントです。
そして、プレイヤーのカードとディーラーのアップカードの情報だけで戦略を立てることになります。
ディーラー側がプレイヤーに対して有するアドバンテージは、双方がバーストした場合、ディーラーの勝ちとなることです。
その確率は15%に上るもので、かなりの割合でディーラー側は収益を上げられる構造となっています。
一方、プイレヤーのアドバンテージとして、ブラックジャックが成立すればベット額の1.5倍が支払われます。
また、プレイヤーはスプリットやダブルダウンなど、自由に意思決定できるのもアドバンテージとなります。

アドバンテージを最大限に活用

アドバンテージを最大限に活用

ブラックジャックの基本戦略は、プレイヤーのアドバンテージを最大限に活かせるよう構成されています。
その一つが、ディーラーの決まったプレイルールです。
オンラインカジノでは、どのサイトであってもブラックジャックのディーラーは同じプレイルールに従います。
その代表的なものが、「カードの合計が17以上になるまで引き続ける」ことです。

プレイヤーであれば、手札によってヒットかスタンドを選択できます。
ディーラーはそれができないので、ここにプレイヤーのアドバンテージがあります。
しかも、ディーラーの一枚はオープンカードなので、ヒットされるカードのパターンを予測できます。
そのパターンを基にして、プレイヤーの手札と比較したものが基本戦略表と呼ばれるものです。
この表は純粋な確率論によって作成されており、適切に活用すれば自ずと勝率が高まることが分かっています。

カウンティング法

ブラックジャックの攻略法として、基本戦略と並んで有名なのが「カウンティング法」です。
これは場に出ているカードを覚えるのがポイントですが、瞬時に覚えることはできないものです。
そこで、カードをグループ化して、覚えやすくしたのがカウンティング法となります。
カウンティングはデッキの偏りを評価するもので、初心者向けには「ハイローシステム」という方法があります。
当システムではAと10以上のカードを「-1」とし、7~9を「0」、2~6までを「+1」に数えます。
これによって場のカードを素早く計算し、残ったデッキの偏りを評価するわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です