昨今特に注目され始めた依存症問題

これまでオンラインカジノはいわば「海外のサービス」として扱われていました。
海外の業者が海外のサーバーにて運営していることを考えると、海外のサービスとして取り扱われているのも当然の話です。

そのため、国内のギャンブルとはいわば「別路線」の展開が可能ではありましたが、今後IR法案の影響を受け、国内でもカジノが解禁されることとなります。
すると、オンラインカジノもまた、「影響なし」とは言い切れないでしょう。

オンラインカジノは国内ユーザーに無関心?

オンラインカジノは海外のサービスです。
海外のサービスでも、インターネット上のサービスになりますので日本人でも楽しめるというスタンスでした。
そのため、日本のギャンブルが取り組むべき社会的道義に関しても、オンラインカジノはスルーが許されていました。

例えばギャンブル依存症。
ギャンブル依存症は近年、社会問題にまで発展していると言っても過言ではありません。
ギャンブルへの依存体質は、本人そのものよりも周囲の家族や友人・知人に大きな迷惑をかけてしまうことで知られています。

本来であれば生活費に充てるものをギャンブルに使ってしまったがために、本人よりも家族が迷惑している…知らない間に借金を繰り返し、返済ができないので家族にまで取り立てが来ているなど、本人そのもよりもむしろ周囲の人間が迷惑をこうむっています。

IR法案が可決されるにあたり、ギャンブル依存症の問題もクローズアップされることとなり、民間と自治体等とが連携してギャンブル依存症の問題に本気で取り組む動きが出てきています。
当然、オンラインカジノとしてもある程度は取り組むことが求められることでしょう。

もちろんオンラインカジノだけではなく、他のギャンブル全般に言えるのですが、それまでオンラインカジノは「あくまでも海外のサービス」ということで、国内のギャンブルが国内のプレイヤーに注意を促していた点も、さほど気にしていませんでした。
しかし、今後はオンラインカジノも「国内でも認められたギャンブル」としての立ち振る舞いが求められるようになると予想されています。

税金に関する問題

税金面に関してもその点が求められています。
オンラインカジノのサイトには、日本人向けに「確定申告を受けるように」とは明記されていません。
しかし、オンラインカジノでの利益は当然ながら課税対象になります。
しかしながら、オンラインカジノを楽しんでいるプレイヤーの中には、その点が分かっていない、あるいは「明記されていないから意識していない」という方も多いのではないでしょうか。

事細かに利益が出た際にはどうすべきなのかというアナウンスがあれば、多くの日本人プレイヤーも「利益が出たら確定申告」となります。
とはいえ、実際の所明記されていませんので何もしないままに終わり、結果として脱税の嫌疑をかけられてしまうケースも考えられます。

この点も、いわば「海外のサービス」であるからこそ、プレイヤー側の自己責任ですが、今後オンラインカジノが身近なものになれば、オンラインカジノ側のアナウンスが求められるようになる可能性もあります。

オンラインカジノも動いている

一方で、オンラインカジノも決して何もしていない訳ではありません。
オンラインカジノの中には、日本人プレイヤーを強く意識している所もあります。
そのようなオンラインカジノは、既にギャンブル依存症の問題を見越し、様々な対策を打っている所もあります。
例えば、一ヶ月にベットできる金額の上限を設定できたり、限度額・時間を超えるとログインできなくなるシステムを導入しているところもあります。

オンラインカジノに限らず、ギャンブルはどうしてものめり込んでしまうものです。
そのため、なかなかブレーキが利かなくなってしまうのもよく分かる話ではありますが、プレイヤー自身でブレーキがかからない以上、他が何とかするしかありません。
それに、既にその点にも力を入れているオンラインカジノもありますので、決してオンラインカジノが「何もしていない」訳ではありません。
むしろ日本市場でシェアをと考えた時、日本人ユーザーに寄り添い、様々な「ブレーキ」を用意してくれているオンラインカジノもあるのです。

但し、オンラインカジノ業者の数は多いので、そのようなオンラインカジノ業者ばかりではありません。
まだ日本人ユーザーに対してこれといってアクションを起こしていない業者も多々ありますが、今後はそのようなオンラインカジノ業者がどのような対策を講じるのかが求められるようになる可能性もあるということです。

まとめ

オンラインカジノは今後、IRの影響を受けることになり、国内でどのような扱いになるのかが様々な形で議論されています。
IRがギャンブル依存症の問題を扱うきっかけになったことを考えると、今後オンラインカジノが国内ユーザーにサービスを提供するのであれば、ギャンブル依存症の問題は避けて通れないものになることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です