信頼性も法的にも安心できるオンラインカジノ

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは、非常に魅力的なギャンブルです。
オンラインカジノはネット上でできるギャンブルですが、自宅で登録をすれば基本的にはいつでもどこでも自分一人で楽しめます。
直接海外のサーバーにアクセスしてプレイをしますので、ここに違法性はあまりありません。
正確に言うと、日本国内では、法律に違反しているということもなく、かといって認められているわけではないので、グレーゾーンという位置づけです。

しかし、オンラインカジノのプレイヤーが今すぐ摘発されてしまうリスクは極めて低いです。
オンラインカジノは、海外のカジノの世界が手軽に体験できる一大エンターテイメントのひとつなのです。

一方でインカジとは?その特徴

オンラインカジノと「インカジ」と呼ばれるカジノカフェについてはどちらも混同されがちです。
しかし、この両者は大きく異なっています。

まず、オンラインカジノは、自宅で海外のサーバーにアクセスして個人で楽しむものなのに対し、インカジは日本国内で雑居ビルなどで運営されていて、そちらにプレイヤーが集まってネットカフェ的な形で経営されているものです。

インカジはオンラインカジノとは違い、違法性が非常に高いために摘発の対象となっています。
インカジは、都会を中心とした繁華街にひっそりと存在していて、もちろん違法な存在のため、看板を掲げて営業をしているわけではありません。
ホームページなどを用意しているわけではなく、街でキャッチをして、「カジノがありますよ」と声をかけることによって、人を集めています。
よく事情を知らない若者やビジネスマンが、ネットカフェの延長のような気持ちで訪れてしまうことが多いと言われています。

インカジは、実際に2016年に京都のカジノカフェが摘発されたのをきっかけに全国で摘発が相次ぎ問題となっています。
インカジとオンラインカジノは一緒にされがちですが、具体的にはこのような違いがあります。

なぜインカジは違法性が高いのか?

オンラインカジノは違法とも合法とも言えないのに対し、なぜインカジが違法になってしまうのでしょうか。
これは、プレイスタイルの問題であり、場所を提供しているのが国内だからという点の違いです。

まず、オンラインカジノは国外にサーバーがありますし、運営者も国外にあります。
一部の違法カジノを除き、海外においてはライセンスが取得され、合法的に運営されています。
従って、これを日本の法律だけで裁くことは難しいと考えられているのです。

賭博罪というものは、プレイヤーも胴元もどちらも取り締まる必要性がありますので、胴元が海外に存在するオンラインカジノは、賭博罪として取り締まることができません。
現にオンラインカジノで逮捕されてしまったプレイヤーも、処罰されたという例は一つもなく、全て不起訴処分という形で終わっています。

なぜインカジは違法性が高いのか?

一方で、インカジは、オンラインカジノを提供してはいるものの、日本国内で賭博の場所を提供していることになります。
また、店内で金銭のやり取りが行われていますので、胴元が国内にあることになります。
つまり、オンラインカジノとは違い、完全に賭博罪に引っかかってしまい、経営者はもちろんプレイヤーも逮捕されてしまうのです。

このため、もしもインカジに興味本位で訪れてしまったとして、そのタイミングで警察が踏み込めば、その場にいた人たちは全員逮捕の可能性が高いですので、けして訪れてはいけません。

インカジは不正ばかり?

オンラインカジノはライセンスが正式に国から発行され、そして外部の監査機関による監査が入っています。
ペイアウト率や不正がないかなどについてのチェックも入っており、それらはデータとして公表されています。
従って、不正やイカサマなどはきちんとしたオンラインカジノなら、まずありません。

しかし、インカジはオンラインカジノを不当にお客さんへと提供しており、経営者がやりたい放題の状態ですのでイカサマのし放題ということになります。
プレイヤーを意図的に勝たせることがなかったり、不正が横行していることは当たり前ですので、このあたりも問題です。

チェックをする機関があるわけでもないので、何をしてもお咎め無しという状態です。
このため、安全性や公平性を期待することは非常に難しいです。

その他にもトラブルの可能性がある

その他にもトラブルの可能性がある

その他にも、インカジは暴力団の資金源となっているということもあり、あらゆるトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。
見た目は普通の人たちに見えても、経営をしている人は暴力団などのつながりがある可能性も高いので、注意が必要です。

インカジは、オンラインカジノとは違い、お金の精算がその場でできて、アカウントの登録の必要もないので、気軽に訪れやすいです。
しかし、不正やイカサマの可能性も高く、逮捕のリスクも高いですので、けして訪れないように注意をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です