遊び方で変わるオンラインカジノの法的扱い

インカジの摘発が頻発している

インカジの摘発が頻発している

2006年に国内で初めて、京都のインカジが摘発されたということで、事件となりました。
インカジとはどういったものなのか、初心者の方には分からないことも多いのではないでしょうか。

インカジは、名前の通り、インターネットカジノのことを指します。
ネットカフェにおいて、端末でオンラインカジノが提供されていて、客は実際にお金を賭けてギャンブルをする事が出来ます。
金銭のやりとりや精算が店内で行われているということから、立派な賭博行為となりますし、警察が踏み込めば逮捕となってしまいます。

インカジは、首都圏を中心に全国の繁華街に存在していて、看板を出さずにひっそりと営業されているのが特徴です。
通常のネットカフェとは違い、店内に入っただけで、逮捕されてしまう可能性はありますので、注意をする必要があります。

オンラインカジノとどう違う?

自宅で遊べるオンラインカジノも、誰でも参加できるのですが、インカジの摘発が相次いでいるということから、オンラインカジノも危険なのではないかと誤解されている方もいます。
しかし、オンラインカジノは、個人がパソコンから、海外の業者にアクセスするので、海外の旅先でカジノをするのと同じことになります。

海外の業者が運営をしているオンラインカジノを日本の法律だけで裁くことが出来ません。
しかし、インカジについては、店舗で賭博ができるということから、胴元が日本国内にあることになります。
また、儲けは店側とオンラインカジノ側が折半しているケースも多いので、賭博で日常的に収入を得ていることになります。
つまり、インカジは、違法ということで、警察が摘発しやすくなっていますが、個人のプレイヤーに関しては取り締まりすることが難しいというのが現状です。

オンラインカジノも慎重になるべき

だからといって、オンラインカジノで自宅で遊ぶ分には必ずしも安心であるというわけではありません。
オンラインカジノで遊ぶ場合にも、今後法律がどうなっていくのかは分かりませんし、絶対に取り締まりを受けないというわけではないからです。

今後オンラインカジノで遊ぶ場合も慎重になる必要があります。
また、日本業者が運営をしているオンラインカジノは避けるようにして、海外のサイトでも、違法のオンラインカジノは避けるようにしましょう。
そのオンラインカジノの運営している会社の所在地などに関しても下調べをすることが必要です。

オンラインカジノは合法でも違法でもない

オンラインカジノは合法でも違法でもない

オンラインカジノは、法律的に合法なのか違法なのか意見が分かれることが多いです。

オンラインカジノは、まだ歴史的にも浅く、インターネット上で楽しめるギャンブルということもあり、日本の法律はオンラインカジノに対する明記がありません。
つまり、合法でも違法でもなく、法律自体がないということになります。
さらに、オンラインカジノは、海外の業者が運営をしているということもあり、日本の法律だけで、これを裁くことが出来ません。

ラスベガスやマカオでカジノをするのと同じように、日本国内で、マウスでクリックして楽しむ分には何ら問題がないとも考えられています。
オンラインカジノは、このように、限りなくグレーゾーンの存在であり、違法といいにくい事情があります。

実際に逮捕者が出たことも

実際に逮捕者が出たことも

以前、オンラインカジノをプレイしていた日本人プレイヤー初の逮捕者が出たということでニュースにもなりました。
2016年3月に、日本人プレイヤーがオンラインカジノで遊んでいたところを、摘発されてしまったのです。
しかし、結果的には処罰されることもなく、不起訴処分を勝ち取ることが出来ています。

オンラインカジノは、海外の業者が運営しているということもあり、検察側も、違法性を立証することが難しいと判断したのでしょう。
こういった件があることからも、再びオンラインカジノのプレイヤーが逮捕されたり、摘発されてしまう可能性はほとんどないといえます。

オンラインカジノで気を付けることとは?

違法か合法化の判断が難しいオンラインカジノで、逮捕されることがないといっても、一定のラインを知っておかなければ、リスクは高いので、気をつける必要があります。

まず、捜査対象となりやすいような、日本人テーブルが用意されているようなオンラインカジノは避けるようにしましょう。
また、オンラインカジノの運営会社とサーバーの所在地には注意が必要となります。
もしも、日本国内において運営されている場合、賭博罪となり、逮捕・摘発の対象となってしまう可能性が非常に高いです。

また、チャットやブログなどに本人と特定される情報を書き込むことは避けておきましょう。
こちらは、以前事件で逮捕されたプレイヤーに共通する特徴なのですが、あまり目立つ書き込みをしていると目を付けられてしまう可能性がありますので、注意が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です